読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

fashon&cosmeticsブログ

女子力磨き中♪♪ファッションやコスメ関係はもちろん、いろいろなことを幅広く書きます✏︎

勘違いしてない!?日焼け止めSPFとPA+++の本当の意味!

外で過ごすのが気持ちいい季節になってきました。ですが、予想以上の日射しの強さに思わず日焼けしてしまった方もいるのでは?


この時期になるとよく言われることですが、今の時期は一年の中でも紫外線がぐっと強くなり日焼け止めの利用はマスト。うっかりしていると頬にシミが……なんてホラーも。


そこでいざ日焼け止めを購入しようと思った時、意外と悩んでしまうのがSPFPAの数値。自分はどれを選べばいいのか迷うなんて事ありませんか?


そもそもこの値はなんなのでしょう?


SPFって!?

SPFは、サン・プロテクション・ファクター(Sun Protection Factor)の略。SPF は、シミやソバカス・皮膚ガンの原因となる紫外線 B 波( UVB )をカットする力を示しています。 20分程度の間に何も付けていない素肌と比べて日焼けが始まるまでの時間を何倍に伸ばすことが出来るかという目安です。つまりSPF20の場合、20分×20=400分=6時間40分。6時間40分までは日焼けが抑制されるというワケ。

勘違いに注意!

勘違いしやすいのは日射しの強さに対抗できる値ではないということ。「海や山の日射しの照りつける場所に行くからSPF値の高い日焼け止めを使おうっと!」というのは間違い。あくまで目安は太陽の光を浴びる“時間”です。とはいえ、海や山へ行く=長時間になるので、やはりSPF値が高い物を選んだ方がベターではあります(笑)

こまめな塗り直しを

とはいえ、値が高ければ高いほど肌への負担がかかるのは今や広く知られていること。屋外にちょっぴりお出かけする時などはSPF20でも充分です。日焼けを気にしすぎて肌への負担を重くしてしまっては本末転倒。目的に合わせて使い分ける努力を。本当はこまめな塗り直しがベスト……ですが、メイクまでやり直す事を考えたら、それこそストレスで肌が荒れそうです。最近はメイクの上からシューッと吹き付けるタイプの日焼け止めも多く販売されているので、こちらもオススメ。様々な種類の包丁を使いこなす料理人のごとく、用途によって色々なタイプの日焼け止めを使い分けるのが美白肌達人への近道です。

PA+って!?

SPFは注意して見るけれど、意外とスルーされるのがPAの値。でも実は、アンチエイジングに興味のある方なら是非、こちらの値をチェックして。

PAは、プロテクション グレイド オブ UVA (Protection Grade of UVA)の略。皮膚を黒くするだけでなくシワやたるみの原因となる紫外線 A 波( UVA )の防止効果を表すもの。強い方ら++++、+++、++、+の4段階に別れています。日常的な買い物程度ならPA++を。

その上から UV防止効果のあるファンデーションを使えば更に安心です。ただし汗で崩れてしまった場合は塗り直すかUV効果のあるプレストパウダーなどでテカリを押さえて。

さいごに

SPFPA、皆さんの認識はあっていましたか? 日焼けは乾燥やシミ、くすみの原因になるので最小限にとどめたいものですが、日焼け止めが肌の負担になっては困りもの。上手に使い分けながら日傘や帽子を活用するなどの工夫も大切です。そして、日焼け止めは開封した場合、およその消費期限は1年と言われています。もったいないからと言って酸化してしまったクリームを使ってしまってはもったいないオバケが出てくるどころか、自分がオバケみたいな肌荒れフェイスになってしまう危険性も。毎年進化しつづける日焼け止め、ぜひ最新のクリームを使って美しいお肌を手に入れてくださいね。